So-net無料ブログ作成
検索選択

犬のサプリメントの選ぶ基準は? その3 [犬の健康]

犬の自然回復力はもともと強いのですから、
 
サプリメントで免疫力が向上した場合は、
 
投薬で治癒しないものでも、時間がかかりますが、
 
自然に良くなっていきます。
 
薬で効かないのに食品で
 
効くわけがないと考えやすいですが、
 
重要な検討ポイントがあります。

データは?
 どの成分がどう効くのか?
医学的な根拠は?
体験は?
 
こんなデータがいつでも見れると嬉しいですが、
 
実際はなかなか公開されていないようですね。
 
免疫力が向上しただけの話ですね。

どちらも目的にあわせると良いのでしょうが、
 
人間用のサプリメントを
 
そのまま与えるのは良くないです。
 
この目的では、犬専門のサプリメントで、
 
出来れば吸収しやすい液体のものや、
 
天然な成分、食品データのみならず免疫力の
 
向上に関する試験データが必要です。

その理由は実に簡単です。
 
 
 
 
 
 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

犬のサプリメントの選ぶ基準は?その 2 [犬の健康]

予防に優るものは無いのですし、
 
現在が健康なので、そんなに意識せずに
 
値段と相談して与えて見るのが良いでしょう。
 
ただし、犬の状態、病気の進行などで
 
個体差が激しい点があります。

サプリメントは様々な種類が出ていますので、
 
目的にあわせて考えると良いと思います。
 
医療で使用されているものであれば、
 
更に安心できます。

治療・薬で効果がでないケースでは
 
家族でできるものとしては、
 
重要な選択肢になります。
 
健康回復薬で効果がでない場合や
 
治療の補助を食品でという考え方があります。

必要な栄養素や代謝などが異なるので、
 
やはり犬用のものがベストでしょう。
 
奇蹟でもなんでもありません。
 
 
 
 

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

犬のサプリメントの選ぶ基準は? その 1 [犬の健康]

健康維持もともと健康ですが、
 
予防や維持を目的とするものですね。
 
普段の食事でとれない栄養分の
 
補給するわけですが、
 
意味合いが2通りあります。

慢性疾患、がんや生活習慣病、
 
免疫不全による原因の
 
疾病・薬による副作用・体力低下などは、
 
効果が期待できるケースが結構あるのです。
 
サプリメントは栄養補助食品のことです。

また健康回復の場合
 
安易に人間用のものを与えると
 
良くなるどころか、
 
悪くなるケースもあるようです。
 
慢性の病気は自分の力で治すもので、
 
医師はそれを手助けして
 
いるだけに過ぎません。
 
 
 
 少しでも興味がある方はこちらをご覧下さい。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

犬のサプリメントの選ぶ基準は? その 1 [犬の健康]

健康維持もともと健康ですが、
 
予防や維持を目的とするものですね。
 
普段の食事でとれない栄養分の
 
補給するわけですが、
 
意味合いが2通りあります。

慢性疾患、がんや生活習慣病
 
免疫不全による原因の
 
疾病・薬による副作用・体力低下などは、
 
効果が期待できるケースが結構あるのです。
 

また健康回復の場合
 
安易に人間用のものを与えると
 
良くなるどころか、
 
悪くなるケースもあるようです。
 
慢性の病気は自分の力で治すもので、
 
医師はそれを手助けして
 
いるだけに過ぎません。
 
 
 
 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

犬のペットカフェについて 2 [犬の健康]

リードもつけないで放したままにしておいたり、
 
人が食べてる間、欲しがって吠えてしまうようなことのないように、
 
また他の人の食べている物を食べてしまうことのないように、
 
また抜け毛が飛び散ってしまわないように、
 
ブラッシングもしておき、トイレも済ましておかないといけません。
 
ペット入店可の1つのお店をあげてみたいと思います。

それでも、犬を連れてくる人だけのお店ではないので、
 
メニューが出てくるまで、静かに
 
大人しく待っていられるように犬のしつけは、
 
しっかりとしておかないといけないですね。
 
飼い主と一緒に犬も食事が出来るように、
 
犬用のメニューも用意されているようです。
 

 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

犬のペットフードについて 1 [犬の健康]

自分でペットの食事を作ることもできますが、
 
コストも時間もかかってしまうので、
 
やはりペットフードの助けを借りたほうが
 
良いかもしれませんね。
 
もう猫は鰹節ご飯、犬は残飯、
 
なんていう時代ではありません。

今、ペットショップに行ってみると、
 
様々なペットフードがありますね。
 
また栄養の補助やストレス解消や歯を
 
丈夫にしたりするおやつなども、いろいろな種類があります。

昔からある骨の形になった犬用チューインガムは、
 
犬に好まれるおやつの1つだと思いますが、
 
今はクッキータイプやビーフジャーキータイプなど
 
見た目にも美味しそうな物が多くなってきました。
 
ペットといえども、家族と同じように「餌」ではなく「食事」という感覚で、
 
栄養のバランスを考えて、美味しく食べてもらいたいです。
 
 
 



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

愛犬の健康管理について [犬の健康]

ペットはもはや大切な家族の一員
 
人とペットとの距離が縮まり家族化
 
傾向が強まるようにつれて
 
ペットも肥満生活習慣病
 
蔓延するようになりました。
 
いつも元気でいてほいいから
 
そこで愛犬の健康のために続けるほど、
 
愛犬の健康を実感!!
 
栄養バランスが整った食事を
 
与えることが大切です。
 
 


 
意識してあげることが大切にまります。
 
大切に育てられるペットたちも
 
近年は肥満や糖尿病にかかる
 
例がふえてきました。
 
 
 
 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

犬の食生活について 2 [犬の健康]

 
また主食から間食までありますので、
 
スーパーペットショップへ行くと大体すぐに手に入ります。
 
ドッグフードも級品から手軽で安いもの、
 
子犬から老犬まで多くの種類があります。

ところがペットは、公的な安全基準がないのです。
 
表示のなかで目にするのは、成分と原材料です。

家畜の飼料の安全は、農水省が規制しています。
 
肉骨紛などBSEの問題もそうですね。

成分はタンパク質がポイントです。
 
そのために犬の食生活という面でも
 
安心が出来るようにはなっていますね。
 
 
 
 
 
 
 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

犬の食生活について 1 [犬の健康]

 
人や家畜でさえ、ウソの表示をしている時代です
 
安い価格、保存の良さを考えると、
 
死亡した肉や着色料、保存料、調味料などの
 
法規制は必要と思います。
 
ずばり、品質の明瞭さを期待します。

全ての表示でないため、添加物、
 
副産物の比率や内容などは判りません。
 
ペットフードが犬の食生活を支えています。

変なモンは、いれんなよ最近は価格は高いのですが、
 
品質のよいフードが、海外や国内のメーカーから
 
多く出されるようになりました。
 
今は、自主規制を信じるしかないわけですが。

人や家畜とは違うんだという国の認識かもしれませんが
 
しらなかった…もちろん、業界の自主規制はあります。
 
高タンパク低カロリーが一番ですね。
 
 
 
 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

犬に出来ることは何でしょうか? その③ [犬の健康]

 
愛犬を見て、あなたを見て、
 
お互い喜ぶ、その姿が何よりも大事です。
 
誰でも、病気になれば、治してあげたいです。

なぜなら、愛犬はいつでも、あなたを信頼しています。
 
待つこと、従うこと、そして誉められること、
 
信頼は揺るぎないのです。

命には寿命があるので、
 
努力の甲斐なく、
 
不幸にして亡くなるケースもあるでしょう。
 
これまでも、そしてこれからも。
 
 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット
話題を発信するプログ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。