So-net無料ブログ作成
検索選択

犬のペットカフェについて 1 [犬]

 東京にある鉄板焼き「萬栖」(ばんせい)。

ペットが家族だと考えている人にとっては、

ありがたい話ですね。

犬などのための専門のメニューが

あるところもありますが、

人間用のメニューのお店なんですが、

ペットもいっしょに入れる、というお店もありますね。

ペットと共生の時代に相応しく、

最近はペットと一緒に入れるカフェ

レストランなども多くなっています。

そんなペットカフェでも、

やはりマナーは守らなくてはいけません。

家族の一員である犬とともに、

ゆったりと食事が出来るなんて、

嬉しいサービスですね。

 

 

愛犬の健康管理健康維持サプリメント


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

犬のペットフードについて 2 [犬]


飼っている犬の大きさ、年齢、体形などを考慮して、
 
また原材料は何を使っているかをよく確かめて、
 
 
食べてもらって長生きして欲しいですね。
 
犬用のペットフードもドライタイプ、
 
缶詰、レトルトフリーズドライ、
 
また冷凍とその形態も様々ですが、
 
子犬用、シニア犬用という風に、
 
犬の年齢によって分けていたり、
 
大きさによって分かれていたり、
 
また犬の肥満解消のために
 
ダイエットタイプまであります。
 
 
 
 
 
 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

 犬を家に迎える前に ? [犬]

 
ペットは言え、やはり1つの命のあるものを
 
家族として迎えるわけですから、
 
慎重にしなければなりません。
 
最近は、無責任な飼い主のことが
 
ニュースになることも多いので、
 
そういう飼い主にならないようにしましょう。

また泊りがけの旅行
 
外出などは出来なくなります。
 
まず、犬を飼うことはお金がかかります。

どうしても行かなくてはならないときは、
 
犬を誰かに預けるか、一緒に連れて行くか、
 
ペットホテルに預けるかということになりますが、
 
ペットホテルを利用するには、
 
また費用がかかります。
 
ペットを家に迎える前に
 
注意しなければならないことがたくさんあります。

ペットショップで見かけて可愛かったから、
 
ブームになっているから、
 
寂しいから、という理由だけで
 
安易に犬を飼うことだけは
 
やめなくてはいけませんね。
 
まず、引越しして犬が飼えないような
 
家に行く予定がある場合は、
 
飼わないでおくほうがいいでしょう。

どうしても引越ししなければいけないときは、
 
全力で新しい飼い主を探してあげることが、
 
大切だと思います。
 
食餌は回数は少なくても、
 
大型犬の場合は、
 
量も多くて費用がかさむと思います、
 
その他にも犬の予防接種や
 
病気の時の治療費などもあります。

一番、ペットを手放す理由として多いのは、
引越しだということです。
 
 
 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

人気の犬種は? [犬]

ペットの中でも、やはり一番人気の犬。 
 
ペットショップに行ってみると、
 
たくさんの子犬たちが飼い主を待っていますね。 
 
最近はどんな犬がペットとして飼われているんでしょう。 
 
マンション住まいの人が多いので、
 
小型犬が多く見られるようになってきたような気がします。 
 
テレビCMで人気が出たロングコートチワワも
 
変わらない人気があると思います。 
 
柴犬の人気も長いですよね。 
 
一時はあまり見られなくなっていたスピッツも、
 
ここのところのペットブームで復活してきたようです。 
 
あと小型犬としては、トイプードル、ミニチュアダックスフンド、
 
ヨークシャーテリア、フレンチブルドッグ、 
 
シーズー、マルチーズ、ポメラニアンなんかが可愛いですね。 
 
少し大型の犬になりますと、
 
ペットというよりも番犬という感じになりますが、
 
やはり庭のある家に住んでいる人は 
 
大型犬を飼うというのが一種のステータスかもしれません。 
 
大型犬で人気のあるのはゴールデンレトリバー、
 
ラブラドールレトリバー、コリー、シベリアンハスキー、 
 
あまり大型犬になるとペットという感じから遠くなってきますが、
 
秋田犬やダルメシアン、セントバーナードなども 
 
割と見かけることが多い犬種ですね。 
 
 
 
 
 
 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

今や、空前のペットブームと言われています。 [犬]

今まで一度も、何のペットも飼ったことがない、
 
と言う人が珍しいくらいです。 
 
ペットと一口に言っても様々で、
 
インコなどの鳥、ハムスターやウサギなどの小動物、 
 
カメやイグアナなどの爬虫類、金魚や熱帯魚などの魚類、
 
種類も、そのペットにかかるお金も 
 
実に多種多様です。 
 
そんな中でも、やはりいつの時代でも
 
人気が不動のペットは、犬と猫ですね。 
  
犬派と猫派、などと言ったりしますが、
 
犬が大好きな人と、猫が大好きな人は、
 
真っ二つに別れてしまうことが 
多いです。 
 
犬が好きな人は、あの人懐っこさが良いと言い、
 
猫が好きな人は、あの気ままさ、わがままさが良いと言いますね。 
 
最近では小型犬の人気が高くて、
 
マンションなどでも飼えるところが
多くなってきました。 
 
 
マンションなどではペットは飼えない、
 
というのは昔の常識でしたが、
 
今はマンションに住む人も多くなってきて、やはり 
 
ペット可のマンションのほうが入居率も高いようです。 
 
今後もマンションなどの数は増えてくると思うので、
 
マンションでも犬などのペットと一緒に住むというのが 
 
自然な世の中になってくるかもしれません。 
 
かつては広い庭で大きな犬が
 
走り回っているというのが、
 
犬がいる家庭の風景でしたが、
 
今はペットといる生活も 
 
多様化してきたということでしょう。 
 
 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

刺激的なこととは? [犬]

 
 
 
 
 
 
 
 WS000134.JPG
 
ふれあいが大好きなワンちゃんは、

出会った人や犬に興味を持ち、

それによって感情にメリハリが
生まれるとも言われます。

散歩中、植物のにおいが気になって
動かなくなったとしても、

すぐに止めさせようとせず、
しばらく自由に行動させてあげましょう。


散歩するのも大変そうだから、

寝かせてあげようと、
おだやかすぎる生活を続けると大事な

刺激が少なくなって、かえって良くないこともあります。

ワンちゃん自らの意思で行動することは
脳にもいい影響をもたらします。

小型犬なら家の中で一緒に遊ぶだけでも、


軽度な運動になって体力維持ができ、

飼い主とコミュニケーションも図れて、


愛犬のストレス解消にも役立ちます。

老犬になったとしても、無理のない範囲で

遊ばせたり、散歩させたりすることは、

どんなワンちゃんにとっても若々しくいるために

必要なことなのです。


人間でも興味のあることに打ちこむと

毎日が充実するように、

夢中になれる遊びや散歩中の新しい発見は

年老いたワンちゃんにとっても

大事な刺激です。
 
 
 

ペットの健康管理や健康維持を

意識してあげることが大切

健康維持のためにのもぜひ。
 
 


 
 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

犬の老化 [犬]

 
 
まだまだ元気に走り回っている姿からは
想像がしにくいかもしれませんね。

肥満気味
散歩中に動きが鈍い物にぶつかる寝ている時間が

長くなる運動を少しずつ嫌がるようになってきた

目が白っぽい体にしこりがある犬の様子から
老化なのか、病気なのかを判断する必要がでてきます。

年齢とともに運動能力が落ち、
好奇心も少なく落ち着いて、

食事の量も消化力も徐々に減り、
疲労回復が遅く、睡眠も多くなります。

食生活の肥満防止も忘れてはいけません。


そして、がん、糖尿病、肥満症など
生活習慣病が、身近になってきます。

老化とはなんでしょうか?
生は永遠ではありません。

体内では、免疫力が落ちますので、
普通の生活をしていても、老化は進みます。

寒さ暑さの温度変化の環境も大切です。

健康で長生きをさせるのは、
飼主の心がけで充分できます。

愛犬も7歳くらいになると、
老化が始まってきます。

老化は病気ではありません。
平均寿命をは伸びて、長生きな時代になりました。

いつも側にいることで、
いち早く異常に気がつくことも多いのです。

さびしさ、不安さ、ストレスをかけないことです。
 
 
 ペットの健康管理や健康維持

意識してあげることが大切

健康維持のためにのもぜひ。


 こんなワンちゃんにお勧めのが
 
 
 
 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

犬の散歩は楽しくしよう 2 [犬]

WS000132.JPG

 飼い主は老いてきた可愛い愛犬を思って

散歩は排泄だけの簡単なものに

しようとしがちですが、


愛犬によっては楽しみだった散歩が

突然つまらないものに


なったと敏感に感じ取ることもあるようです。


その日の体調に合わせて距離やコースを

考えながら、


飼い主も楽しみながら

積極的に散歩に出かけるようにしましょう。


その際は必要以上に疲れさせない

興奮させすぎないことがポイントです

夏は早朝や夕方、逆に冬は日中の散歩が理想的。

行きたい方向に行けなかったり、

帰りたいのに進むことは

愛犬にとってストレスになることがあり、

散歩嫌いに繋がることもあります。


散歩で訪れた公園で、安全な場所で

大好きなおもちゃを与えて、


飼い主も一緒に遊ぶようにしましょう。

こまめな水分補給も忘れずに行ってください。

 

 ペット健康管理健康維持


意識してあげることが大切


健康維持のためにのもぜひ。


こんなワンちゃんにお勧めのが

 

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

犬の散歩は楽しくしよう 1 [犬]

WS000133.JPG

 夏は夕方であってもアスファルト

依然として熱いことも多く、


低いところを歩くワンちゃんには

過酷なので注意しましょう。


老犬の散歩は、体調を気づかいながらも

これまで通り楽しく刺激的なものになるよう

工夫をしてあげましょう。


老犬である場合、愛犬が嫌がることはせず

時には抱っこして移動してあげるなど、


個々の性格やその日の体調に応じた対応を


してあげることが重要です。


散歩の基本は、愛犬が行きたいほうに進み、

帰りたがったら帰るです。



老犬になると体温調節機能が衰え


暑さ・寒さの感覚も鈍くなるので


季節に合わせて


散歩の時間帯を変えましょう。


老犬の健康維持を考え過ぎて、


若い時と同じような長い距離を


散歩させることは

体の負担になることも。


こまめな水分補給も忘れずに行ってください。

 

 ペット健康管理や健康維持を

意識してあげることが大切


健康維持のためにのもぜひ。

こんなワンちゃんにお勧めのが





 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

老犬の食事について  [犬]

inu3.JPG

 練り物、干し物、ビーフジャーキー、ハム、

スナック菓子などは、少なくしてください。

消化機能も肉食動物です。


だからと言って、肉ばかり与えると病気になります。

繊維質もバランス良く〈消化も気をつけましょう〉

これだけは与えないでね。

本来、犬は肉食です。1日2回なら、同様に3回にしましょう。

1日1回でしたら、量を減らして1日2回にします。

塩分を控える人間と同じ塩分は与え過ぎです。

犬は高タンパクが必要なわけはアミノ酸にあります。

でも、人との出会いで、犬の食生活も変化しました。


むしろ、添加物や栄養の取りすぎに注意が必要です


特に現代はドッグフードにより、栄養はとれます。

与えてはいけない物

玉ねぎ

香辛料

タコやイカ

チョコレート特に、おやつや間食などに注意下さい。

まんじゅうなども、控えましょう。


食事量を調整肥満防止です。

ある年齢になってきたら食生活も考えましょう。


当然ながらアミノ酸は、

植物性のタンパク質より動物性タンパク質のほうが多いです。

新鮮な水を心がけます。


菜食のみでも犬は生きられるのですが、

バランスが大切です。

カロリーを控えるむやみに高カロリーを与えないようにします。


ドッグフードも老犬用に変えましょう。


 ペットの健康管理や健康維持

意識してあげることが大切


こんなワンちゃんにお勧めのが


 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット
話題を発信するプログ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。